まず初めに、ギャンブル産業には、ゴシップと噂話がつきものです。事実と都市伝説はどちらも重要であり、ギャンブル産業にまつわるあらゆる噂話とゴシップをおさえておく必要があるのは当然のことといえるでしょう。こちらの記事では、ギャンブル産業の噂やゴシップではなく、きちんとした事実に基づくニュースや話題を取り上げていきます。

オンラインギャンブルの14%が縮小

昨年2020年にオンラインギャンブルが約14%の縮小を記録したことは、疑いようのない事実です。しかし、予想通り、再び上昇の傾向を見せています。オンラインギャンブル業界の市場価値は、2019年の新型コロナウイルス感染拡大前には上向きでしたが、他のあらゆる業界と同様に、新型コロナウイルスの影響を受けることとなりました。しかし、他業界ほど影響は大きくありません。

世界中あらゆる業界で急激な収益減少

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は非常に多くの業界に縮小をもたらし、関連オフィスや運営オフィスのスタッフが出勤できない状況によって、オンラインビジネスにも収益低下をまねきました。ウイルス拡大の予測に伴い、業界の市場規模が縮小することは予測されており、その予測は的中しました。 事実であって、都市伝説や噂ではなかったのです。

新型コロナウイルスによるギャンブル産業全体への影響

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界のほぼ全ての国々とギャンブル産業全体を含む、地球上ほぼ全ての産業に影響を及ぼしてきました。しかしながら前年と比較すると、今年2021年に入ったところ、ギャンブル産業は世界的に見ると、再び活性の兆しを見せています。

昨年(2020年)比で1,700万ドルの収益増加

現時点で、ギャンブル産業は、新型コロナウイルスのワクチンがまだなかった昨年(2020年)に比べて、約1,700万ドルの伸びを見せています。この巨額な増収は、ギャンブル産業につきまとう噂でもゴシップでもなく、事実なのです。

世界中でギャンブラーの数が増加

多くの要素がギャンブル産業の収益増加に影響していますが、そのひとつが世界的なギャンブラーの増加です。今いる場所からまったく動かずに自宅でプレイできるため、オンラインでのギャンブルが特に人気を博しています。なにしろ、遊ぶのに必要なのはインターネット環境だけ!

2019年度のギャンブル業界収益

2019年度のギャンブル産業収益については、信頼できる情報源によると、約3,000億ドルであり、2020年には新型コロナウイルス感染拡大によって2,830億ドルまでに落ち込んだそうです。

世界的な商業危機の時期の噂と都市伝説

昨今の新型コロナウイルスは、茹でた犬やカエル、トカゲ、その他の動物の揚げ物が劣悪な衛生環境で売られていた不潔な中国の市場で最初に発見されたことから、時にチャイニーズ・ウイルスとも呼ばれました。これに同意しない人がいたとしても、事実は事実なのです。最初に記したように、この記事は、ギャンブル産業の噂やゴシップではなく、事実に基づくものをお届けしています。ギャンブル産業のニュースや最新情報をご覧いただき、最後までお付き合いくださってありがとうございました。少しでも皆さんにとってお役に立てれば幸いです。